住まいのQ&A

カテゴリー:設計
OMソーラーmさん

最近、外国からの大気汚染が問題になっていますが、OMソーラーでPM2.5のような粒子の小さい汚染物質を家の中に取り込んでしまう事はありませんか?

質問日時:2013-02-19 09:33:37

統括責任者
福田敦志がお答えします。

ご質問ありがとうございます。
PM2.5については、現在大きな社会問題としていろいろと取り上げられる機会も多く、ご心配のことと思います。

このたびOMソーラー㈱に問い合わせ協議し、現状での回答を得ました。

結論をまとめますと、

「PM2.5のような微細な粒子はOM通気層からの進入はあり得る。
 対策としては、地方公共団体及び気象庁等より警報等が出た際に、排気モードにしていただきたい」

ということになります。

ただ、これは「OM設備があるから進入する」ということではなく、どのご家庭にも設置が義務付けられております換気設備全般にもいえることです。例えば、換気設備についても同様に、PM2.5を屋内に進入させますし、その進入を警戒する場合、警報が出た際には停止させる必要があるでしょう。

PM2.5の影響に関しては、現在警報の基準を策定中と聞いており、今後の国・都道府県の対応・指針作りが待たれるところです。ニュースでは、呼吸器や循環器の疾患がある場合、警報時には外出を控える、窓を閉めるなどの対策が必要となるかもしれないと言われていますが、それらと同列に考えていただいてもよいかと思います。

なお、今後、何か有効な情報が入り次第、弊社からもホームページやお手紙等を用い、お客様に情報を発信して参りたいと思いますのでどうぞよろしくお願いいたします。

回答日時:2013-02-21 13:04:56

コミュニティサーチ

会員限定メールマガジンSTART!

安成工務店より見学会に関する情報をお届けしています。

すでに会員の方はログインを、まだの方は新規会員登録をして下さい。

おすすめキーワード